光脱毛って何?脱毛サロンの脱毛がおすすめできないワケ

脱毛サロンでおこなわれる光脱毛の実態

このページでは脱毛サロンでおこなわれている「光脱毛」についてご説明いたします。

脱毛サロンやエステサロンでは主に光脱毛という方法が使われています。これは医療レーザー脱毛に似たものですが、威力が十分でないため「永久脱毛としては認可されていないもの」になっています。

光脱毛ってなんだろう?

光脱毛とは、場合によっては「フラッシュ脱毛」「美容ライト脱毛」などと呼ばれることもある、脱毛サロンでおこわれている脱毛方法の呼称です。

正式名称はIPL脱毛(インテンスパルスライトの略)と呼ばれ、上に挙げた光脱毛など様々な名称は全てこれを差します。

IPLとは、intense pulsed light(インテンスパルスライト)の略で、広帯域の光エネルギーによって毛根のメラニンに働きかけ、毛根を弱らせて脱毛を促すものです。照射威力がレーザーよりも弱く抑えられているため、医師でなくても安全に使うことができます。IPLによる脱毛は、主にエステサロンや脱毛サロンで行われています。
引用元 IPL(インテンスパルスライト)による脱毛の特徴|スキンケア大学

光脱毛の特徴

光脱毛は特殊なフラッシュを照射し、むだ毛のメラニン色素に働きかけ脱毛効果を促します。

医療レーザー脱毛では、一点集中的に強いレーザーを照射することで高い効果を発揮しますが、光脱毛はそれに比べ広域波長のレーザーで、出力も抑えて作られています。

そのため満足いく脱毛効果を得るためには、長い期間で何度も施術することを必要とします。それに出力が抑えられているため、むだ毛の再生組織・毛根まで破壊することはできません。

あくまで光脱毛は永久脱毛ではなく、一時的な脱毛・減毛効果を得るための脱毛方法です。

ナースストップ

光脱毛はあくまでも一時的な減毛効果しか医学的には認められていないわ!医療脱毛が永久脱毛なのとは違って効果の低い脱毛方法なのよ!

なんで光脱毛は出力が弱いのか

医療レーザー脱毛は医師にしか扱うことのできない、高度な脱毛機器を使用して施術がおこなれます。

ですが光脱毛のは許可や資格は必要とせず、誰にでも使用することができます。エステティシャンなどが使用することができるのもこのためです。

高出力の医療レーザーは医師にしか取り扱えないのに対し、光脱毛は出力を抑え危険がない範囲のものとすることで、実質法規制などがされていないという状態です。

使い方を誤れば危険もある

基本的に光脱毛は威力が弱いため安全とされていますが、使い方を誤れば危険もあります。

腕の確かなエステティシャンでないと、出力を正しく指定できていなかったりするため、施術者によって仕上がりに差が出るというデメリットもあります。

現に大手のサロンでもヤケドや炎症・肌荒れなどの健康被害も、定期的に問題視されています。

脱毛サロンの健康被害についてはこちらも参照>>脱毛サロンの健康被害に注意!?これからサロンに通って大丈夫?

光脱毛がおすすめできない一番の理由は?

光脱毛は一見価格も安く痛みも少ない手軽にできる脱毛に見えますが、やはり脱毛するまでに時間がかかりすぎてしまうというデメリットがあります。

医療レーザー脱毛であれば一年ほどで永久脱毛できるものでさえ、二年またはそれ以上の期間を要します。

短期的に見れば価格も安く感じますが、あくまで「一時的な脱毛効果を得るためのもの」ですので、永久脱毛を望む方には不向きです。

近年では安全面や衛生面も指摘されることが多くなっていますので、これから脱毛されるのであれば医師による医療レーザー脱毛をおすすめします。

ナースOK

脱毛サロンの光脱毛は効果に満足できない人が多いみたい。今から脱毛するなら最初から医療脱毛してしまうのがおすすめだわ。