ムダ毛は剃ると濃くなる!?レーザー脱毛で起こる「増毛化」

ムダ毛はなんで剃ると濃くなるの?

“ムダ毛は剃ると濃くなる”とよく言われています。これについては、医療レーザー脱毛においても、同じようなことが起こりうるのです。

「ムダ毛をカミソリなどで剃ったら、以前と比べて濃くなった・・・」これは男性、女性の多くの方が経験したことがあるのではないでしょうか?

これについては諸説あります。ですが、そもそも毛穴の数は変わりませんので、ムダ毛が増える・濃くなるということは基本的に起こりえません。

それなのに何故ムダ毛は剃ると濃くなると感じるのか?

ですが実際に濃くなった。などと感じる要因として考えられるのが下記の2点です。

  • ムダ毛を処理したことにより、根元の太い部分が断面になり毛が太く感じられた
  • 肌に負担を強いることにより、今まで発毛していなかった毛穴が刺激され、毛が生えてきた

実際には濃くなったわけではない上のケースと、本当に毛が濃くなってしまう下のケースが考えられます。

ナース疑問

ムダ毛は基本的に濃くなるということはないみたい。でもこんなケースも実際にあるみたいだわ・・・

ムダ毛の根元は太い

まず一つはムダ毛を処理したことにより、今まで根元だったところが断面になり、より太く感じるということです。

ムダ毛は先に行くにつれて、細くなっていきます。これを根元から処理することによって、今までは根元だった部分がムダ毛の先端に変わり、それによって太く感じることがあります。

ですが、これは繰り返せば繰り返すほど、太く濃くなることはありません。根元の太さにも限界がありますので、いきなりムダ毛を処理した際などには、より濃くなったと感じやすいでしょう。

ムダ毛はそもそも身を守るためのもの

ムダ毛はそもそも人間の大事な部分や、弱点となりうる弱い部分を守るためのものです。そのため、肌へ負担を繰り返し与えると、今までよりも濃くなる可能性があります。

カミソリなど肌へ負担がかかりやすいムダ毛処理に関しては、これにあたる可能性も高いです。肌を守ろうとする、自己防衛機能なので、あまり負担になる処理方法は、ムダ毛が濃くなる以前におすすめしません。

医療脱毛で起こりうる「増毛化」と「硬毛化」

医療脱毛では「増毛化」や「硬毛化」といった現象がおこりうる可能性があります。

増毛化とは

医療レーザーの刺激によって、上で説明したように普段発毛がなかった毛穴まで刺激され、毛の本数が増えたように感じてしまう現象です。

硬毛化とは

脱毛をして多くのムダ毛はなくなりますが、残された数少ないムダ毛が今までよりより硬く(太く)なってしまう現象です。産毛や薄い箇所に起きやすい現象。

レーザー脱毛も肌への負担は同じ

レーザー脱毛といえど、少なからず肌への負担をかける行為には変わりありません。上のような現象は、体質だったり、その時の肌の状況によって起こりうる現象です。

特にこれらは毛が薄い箇所に、より現れる傾向があります。実際に詳しい原因に関してはまだ解明されていません。

施術をし続けることで完全に永久脱毛できる

増毛化・硬毛化を防ぐ術というのは、現状確立されていません。ですが、なったからと言っても、施術を続けることによって、それらのムダ毛も綺麗に永久脱毛することは可能です。

一時的にムダ毛が増えたように感じてしまうこともありますが、医療レーザー脱毛であれば、最終的には綺麗な素肌にすることができます。

増毛化・硬毛化の原因は「肌への負担」であることに変わりありません。そのため医療レーザー脱毛だけでなく「エステの脱毛」「脱毛器」もちろん「カミソリでの剃毛」など、あらゆる方法で起こりうる可能性があります。

永久脱毛において大事なのは諦めないことです!(笑)